遊者の戯れ

TRPG遊技会の参加メンバーMch  勇者ではなく遊者の戯れ言


Mch

AUTHOR:Mch
自己紹介は苦手だ…
私が感じる私自身…
オフの友人A君が感じる私…
オンの友人Bさんが感じる私…
家族が感じる私…
みんな違う私だろう
これを見てくれている貴方は
どんな私を感じてくれているだろう…?



▼--年--月--日 --時--分 スポンサー広告 / 足跡巡礼(-) / 声(-) / 頭出
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▼2006年03月09日 07時58分 リィ・ショウリン / 足跡巡礼(0) / 声(5) / 頭出
米要員


うちの今のところの米要員といえば このショウリン
座布団さんとこのヴェリタ嬢と、しっとりとした大人の米を築きつつある
元々のきっかけは些細な事だった

ヴェリタさんとショウリンがご一緒したセッションで
ショウリンの依頼者に対する落ち着いた対応を
「格好良い」と言ってくれたヴェリタさん
その後何度かセッションご一緒するうちにお互い好意を持ち始め
今の関係になったのだが
それまでの間に背後は色々考えたものだ

一番ひっかかったのが、座布団さんの求める米ってどんな米だろう? と
米にも色々種類があると思う
漫画タッチのような米だったり、少女漫画のような米だったり、
昼ドラのような米(それは多分米とは言わない)だったり
それによって対応も変えなきゃ行けないのに、どうもそれが掴めずに
七転八倒していたが、もういっそ諦めて流れに身を任すようになってから
急にスムーズに話が動くようになった。面白い物である

一番の決め手となったは服をプレゼントした時だった
いくつもの偶然が重なって、そういう事になった

まず手練士が情報を得るためにギルドに情報料を払っていた
セッション終了後にショウリンが、その手練士に
情報料の一部を払おうとしたところ
「そんなのいいから、その分でプレゼントでも買ったらどうだ?」
と言われてしまった
それまでのショウリンなら、そこで何を買ってやれば
ヴェリタが喜ぶのか悩むところだが、
ちょうど、そのセッションの最中、敵の攻撃でヴェリタの服が焼けこげていた
そこで、悩むこともなく服を買ってプレゼントしたのだが
そこからなんとなく、お互いの距離が近くなり
クリスマスも一緒に過ごすような関係となった

ヴェリタさん、座布団さん 今後ともよろしくお願いします (平伏)


スポンサーサイト


▼2006年02月07日 21時46分 リィ・ショウリン / 足跡巡礼(0) / 声(0) / 頭出
李昇鱗


リィ・ショウリンを漢字で書くと「李昇鱗」となる

「李」は
・中国系で良くある苗字であること
・実在の人物 八極拳の達人である「李書文」にあやかって
・外見イメージをインスパイヤされた「神拳・李酔竜」から
等の理由から「李(リィ)」と名付けたのだが
遊技会にはすでにファーストネーム「リィ」というキャラがいた
キャラ登録時には
「こっちはファミリーネームで、あっちはファーストネームだから
大丈夫だろう」
と、タカをくくっていたら、
それでも紛らわしいと思う人がおられたようだ。
申し訳ありません。 (平伏)

「昇鱗」は
天へと『昇』る『鱗』類の生物 転じて 『竜』を現す

下の名前を考えるときに、「竜」という文字を使いたかったが、
それだと上記の「李酔竜」まんまになってしまうと頭をひねり、
間接的に竜を現す名前として思いついたこの名前
我ながらセンスいいんじゃねぇか? と結構お気に入りである


なお、鱗類については「TRPG央華封神」を参考の事



▼2006年01月25日 05時22分 リィ・ショウリン / 足跡巡礼(0) / 声(0) / 頭出
ファンブレ・ダンサー


遊技会で初めてキャラを作ろうとしたとき
一番はじめに目に付いたのは「モルトア」技能だった
しかし、モルトアは仮採用だという事で
次なるネタをグラード設定集から探していた
そうして目に止まったのが追加装備のファンブレードと
各国設定のローファだった

そこから生まれたのがリィ・ショウリン
ファンブレードを両手に持ち、舞を舞うが如く戦う戦士

人呼んで「舞闘家(ぶとうか)」

とはPL以外、誰も呼んでくれない (苦笑









最初



Powered by FC2
背景寫眞*水珠(蒼天昇華)
参考*Academic HTML
雛型*小人遊戯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。